MENU
ブログカテゴリー

あいちゃんのニューボーンフォトカメチャレ Vol.3

  • URLをコピーしました!

こんにちは!5歳双子ママのハルちゃんです!
あいちゃんのカメチャレ第3回の配信模様をレポートします!
今回は“ピント”にまつわるお話です。最後のおさらいでは人物を撮るときのポイントもあるのでぜひご参考にしてください!

目次

今週のあいちゃん

フォーカスロックとは?

撮るときの一番はじめに、真ん中にある+を撮りたいものに合わせてシャッターボタンを半押しすると「ピピッ」と音がしてピントが合います。
そのままカメラを動かして撮る対象を真ん中からズラしても、ピントは対象に合ったままでシャッターを切って写真が撮れる!
この機能をフォーカスロックというそうです。

あいちゃんもやってみた感想は、
「やってみたら簡単でした!」
「名前は難しいのに意外と簡単でしたー!」
と笑顔でした^^

このフォーカスロック機能を使って撮った第1号がこちら!

撮影シチュエーション:
仕事前の朝7時頃にカフェで抹茶ラテを飲んでいる

社長「間違いなくズラして撮れているね!」

おぉ〜!あいちゃんすごい!ピントはバッチリですね!!

ここで社長からポイント!

ピントを合わせるときに重要なのは、フォーカスエリア内にコントラストがあること!!

下のマグカップの胴体部分だと、□のフォーカスエリア内がだいたい同じ灰色でコントラストがない…そうするとカメラはピントを合わせられないんだそうです。
上のマグカップの縁であれば、□の中に明るい白の部分と暗い灰色の部分があるのでピピッとピントを合わせることができるそうです!

カメラのフォーカスを合わせるのにそんな仕組みがあったなんて…
またここで社長から

何を伝えたいかによって、ピントを合わせる場所が変わります!
マグカップの縁に口をあてて飲みますよね?なのでそのちょうど飲み口にピントを合わせて撮る
美味しそうな飲み物と伝わりますよ〜!

なるほど納得です…!!

あいちゃんは「フォーカスロックの設定をするのに時間がかかりました」とのこと。
設定する操作が難しかったそうです^^;
設定方法はカメラによって異なるので、説明書を読んで設定する…しかないですよね(笑)
でも設定さえしてしまえば撮影は難しくなかったです!と笑顔でした^^

おさらい

おさらいの解説!人物を撮るときのポイントです!
ズバリ!!

レンズの向きをまっすぐにすること!

普通に立って人物を撮ろうとするとレンズが下向きになります。
そうすると上から撮る形になり、頭でっかち・短足…撮られる側からするといや〜な写真の出来栄えです。

なのでレンズが人物に向かってまっすぐになるようにしゃがみましょう
そうすると人物の高さの中心からまっすぐ撮ることができてバランスの良い写真になります♪

特に子供の写真を撮る時には、かなりしゃがむ必要があります。
スマホで撮る時には、スマホを逆さまにすればレンズが下にくるので撮りやすくなるとか。

同様にZOOMのカメラも角度がまっすぐになっていた方が小顔に映るそうです!
あいちゃんは「社長ズルイ!もっと早く教えてください!」とちょっと怒ってました(笑)
次回はあいちゃんのライブ配信時のカメラ角度にも注目ですね☆

ハルちゃんレビュー

今回もあいちゃんの成長が感じられましたね!フォーカスロックを駆使してピントを合わせてズラすことができたので、次回は構図のお話だそうです。構図が決まると一気にプロカメラマンっぽくなりそうですね!
また子供の写真を撮るときの大事なポイントを今回も教えてもらえました!双子の写真がグレードアップしていくのか、自分の中で検証していきます(笑)

ライブ配信動画

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる